来館者数1331382
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタートプラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

2015のへじ祇園まつり


 「2015のへじ祗園まつり」が20日~23日まで開催されました。
21日は夜間合同運行が行われ9台(23日は10台)の山車が
町内を練り歩きました。夕方からポツポツと落ちてきた雨で人形に一部ビニールシートが被われましたが、照明に照らされた幻想的な山車は沿道の観客の皆さんを魅了しました。


 最優秀賞には馬門組祭典部の「奇術競」が選ばれました。
輝星賞・流粋賞も受賞しました。

そのほかの受賞は下記のとおりです。
〇優秀賞・祇園未来賞 城内組
〇秀  作 新道組
〇特別賞 下袋組

祇園まつりの様子は野辺地町観光協会のFacebookで
ご覧になれます。
http://www.noheji-kankou.com/
 

「のへじ祗園まつり」のあらまし

 のへじ祇園祭りは、藩政時代、野辺地港が南部藩の商港として大阪、長崎方面と交易していた最盛期の文化、文政時代に野辺地八幡宮のつけ祭りとして、日本海航路で上方から移入されたものであるといわれています。船山車が先頭に運行される御神輿渡御(おみこしとぎょ)、山車行列は、海水運が交通体系の主軸であった時代の「浜下り神事」(潮垢離ーしおこり)に共通した意味をもっており、先進地の文物を運ぶ「宝船」である千石船の航海の安全と豊漁を祈願する行事です。船山車は野辺地港の合船場(造船所)で建造された千石船(北前船)の模型であると伝えられています。
 一般の山車の運行は、藩政時代にも運行されたのではないかと思われますが、明治30年に町内有志によって飾山車として、屋形様式の山車に移行し、今日に至っています。
 初日と最終日は、歌舞伎や中国の故事から題材を取った豪華絢爛な山車と、その山車の曳網に参加する男女の童子の曳子を中心に、笛、太鼓、三味線の合奏による祇園ばやしは、深い情趣と優雅で香り高い気品があり、南部藩における唯一の上方文化の移入地であった野辺地で形成された貴重な文化遺産であり、格調高い祭礼として知られています
平成17年からはライトアップされた山車の夜間運行が行われ、飾りつけされた人形や花は、昼とはまた違う雰囲気を醸し出します。
 中日に行われる「海上渡御」では神輿を先頭に各地の町印と神楽が続き、これに付き従って大漁旗や吹流しで飾った船が野辺地湾内を巡ります。湊町として栄えていた往時を偲ばせる光景です。 
 

「のへじ祗園まつり」関係資料

  野辺地の社会と民俗  野辺地の事例  
   宮良高弘/編  野辺地町、北海道みんぞく文化研究会/発行                                  
 野辺地つれづれノート 
      萌出忠男/編・発行
 野辺地雑記 ふるさとをかえりみて
   萌出忠男/編・発行 
 続 野辺地雑記  ふるさとをかえりみて
   萌出忠男/編・発行
 のへじ風土記 
   のへじ風土記編集委員会/編  野辺地町連合長生会/発行
 野邊地 
古のロマンあふるる郷愁のふるさと 改訂版
     川村慎一/編・著  宮澤廣志/発行
 野辺地湊繁盛記  隔月刊 あおもり草子 
    企画集団プリズム/発行 
 野辺地町勢要覧
   野辺地町総務課/編  野辺地町/発行
  ■2011のへじ祗園まつり 届けよう 明日(みらい)へつながる祗園の音(ね)
   野辺地町観光協会発行リーフレット
  のへじ祇園まつり祇園囃子は潮風に包まれて… (DVD)
      野辺地町
 




                 
 

2011のへじ祗園まつり1(夜間運行・海上渡御写真)

 今年の祗園まつりは、8月18日~21日に開催。初日は長さ11メートル、重さ1.5トン
もの大しめ縄が八幡宮に奉納される伝統行事「しめあげ」と宵宮祭で開幕し、19日
は駅前広場で祇園囃子や神楽の共演、ささ踊りが披露された後、9台の山車の夜
間運行が沿道の観客を魅了しました。
 20日の中日は、海上
渡御が行われ、舟が晴天の海原を勇壮に走っていました。
最終日の21日は、出発前に沖揚げ音頭保存会が、同音頭を披露。この後10台の
山車の合同運行が行われ観客を楽しませました。
 お祭りの期間のイベントして「花火大会」「まちなかにぎわいまつり」「ふるさと物産
テント市」なども開催されました。野辺地のお祭りは、雨にたたられることが多い中、
今年のお祭りは、お天気に恵まれ絶好のお祭り日和でした。
 

      最優秀賞 新道組祭典部 「出陣・川中島」



 
     今年の海上渡御は20数隻が湾内を巡りました。
                   

夜間運行の山車を全部ご覧になりたい方は
↓をクリックして下さい!
 

のへじ祗園まつり2 山車の昼バージョン写真

    最優秀賞 輝星賞 新道組祭典部 「出陣・川中島」

「輝星賞」はライトアップに贈られる賞です。
 

2014のへじ祗園まつり

今年の「のへじ祗園まつりが」8月21日(木)~24日(日)まで開催されました。
初日のしめ縄など伝統行事に続き、22日は夜間運行、23日海上渡御、24日
9台の山車による合同運行が行われ、多くの観客のみなさんを魅了しました。


最優秀賞「八犬伝 芳流閣の決闘」 新道組祭典部


最優秀賞ほかの受賞団体は次の通りです。
〇優秀賞 城内組 
〇秀作 馬門組
〇特別賞 下袋組
〇輝星(きらぼし)賞 馬門組
〇流粋賞 袋町組