来館者数1331346
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタートプラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

平成27年度 第5期子ども司書養成講座③(9.12)

今年度の子ども司書養成講座3回目は9月12日(土)に青森県立図書青森県近代文学館見学をしました。まず、近代文学館では、竹浪直人さんに館内の案内と紹介をしていただきました。「野辺地ふるさと文学散歩」を執筆していただいたお1人でもあります。
 

常設展示です。文学館は青森県の作家や本により深く興味を持ってもらうことを目的として様々な資料を展示しているとの説明がありました。みんなとても熱心にメモを取ったり、展示物をのぞきこんでいました。太宰治が実際に着ていた着物や野辺地町に関係の深い文学者等の紹介もしていただきました。

特設展示は「青森の文学者たちの戦前・戦中」。普通なら見ることができない貴重な資料を見てもらうことも文学館の役割とのことでした。文芸雑誌の時代とともに変化していく表紙や太宰治の「お伽草子」の草稿などめずらしい資料がいっぱいでした。保護者の方からは解説が、とても分かりやすかったと好評でした。
 
県立図書館の案内は司書の妻神昭子さんにしていただきました。1階の開架コーナーでは、蔵書冊数や新聞・雑誌などの部数、各種コーナーの説明があり、みんな種類や冊数の多さに驚いていました。
 

100年前の9月12日の新聞をマイクロリーダーで見ました。マイクロフィルムを実際に見ています。みんな興味深そうです。新聞など大事な資料をきちんと保存し提供することも図書館の大事な仕事であることを学びました。


普段は入る事ができない閉架書庫。たくさんの本がわかりやすくきちんと整理されています。雑誌のように薄いものは倒れないような工夫がされていて、一緒に行った当館職員も感心していました。


自動集密書架。多くの本が収納できます。人や本が挟まれないようにストッパーがついています。実際に希望者が書庫の中に入って体験!かなりスリルがあったようですが、きちんと止まることを確認しました。


児童室。おふろがテーマの本の展示とかわいいディスプレーがしてありました。職員の方たちが作成されたとのこと。保護者の方から「四季のモビールや飾りが素敵!」という声が上がっていました。
 
最後に県立図書館のパンフレットをいただき、見学で学んだ事の再確認をしました。

司書や警備員さんの数、敷地面積など沢山の質問が子ども達や職員からあり、丁寧に答えていただきました。

見学の中で県立図書館は学校や市町村図書館の様々な支援をしていることも知りました。

この日をとても楽しみにしていた子ども達、多くのことを学んだ見学でした。認定式での皆さんの感想を楽しみにしています!
 

平成27年度 第5期子ども司書養成講座②(8.7)

今年度第2回目の子ども司書養成講座を8月7日に開催しました。今回のテーマはブックコートかけとポップ作りです。


ブックコートかけの注意・コツなどの説明を受けています。


 ブックコートかけは空気が入らないようにかけるのが大変。一番小さくてかけやすい文庫でチャレンジ!どの本にかけようかな~。

 平均に力がかかるように注意深く定規でカバーをかけていきます。初めてなのにみんな説明通り上手にできました!

 続いてポップ作成です。「ポップってなあに?」「ポップ作りのポイント」などを学びました。


 先輩司書さん達が作成したポップを参考にしてイメージを膨らませています。


作品完成です。みんなキャッチコピーも上手に考えられました。それぞれのコメント用紙に好きな色紙を貼ったりデコレーションをしました。早く作品ができた子は様式にとらわれず自由な作品を仕上げました。
 
 
魔法の庭のものがたり15
『魔女カフェのしあわせメニュー』 
あんびるやすこ/作 (ポプラ社)

【キャッチコピー】
魔女のいさんをそうぞくした女の子の物語!

【オススメ】
ジャレット・スー・エイプリルが1日に1時間カフェをします。
 

平成27年度 第5期子ども司書養成講座①(7.31)

〇開講式、オリエンテーション
【第1回目講座】
〇図書館ってどんなところ? 〇司書の仕事を知ろう!

「平成27年度子ども司書養成講座」の開講式が7月31日に行われました。今年度は5期目となります。


まず、江刺家館長から「2月には子ども司書の認定式でまた会えることを楽しみにしています。健康に気をつけて頑張って下さい。」と励ましの言葉がありました。


今年度の受講生は13名で、6年生3名、5年生1名、4年生9名です。今年は4年生が元気です!


名札と講座カリキュラム.pdf、講座の記録、テキストなどが入ったファイルをもらいました。


1人ずつ「本が好き」「面白そうだから」「友達に誘われたから」など受講した抱負や理由を述べました。


さっそく、第1回目の講座「図書館の役割」と「司書の仕事」を受講しました。まず、野辺地町立図書館案内をプロジェクターで見た後、司書として大切なこと気をつけたいことなどを学びました。


小学生は入ったことがない参考図書室を見学しました。事典類や郷土資料を置いてあります。みんな本を手に取って興味深々です。


こちらも初めて入る子が多かった閉架書庫です。みんなニコニコ嬉しそう。実際にハンドルを回す作業などを行いました。
        

とても元気いっぱい。好奇心旺盛のみなさんです。
第2回目の「ブックコートかけ」「「ポップ作成」もこの調子で頑張って下さいネ!

残念ながらこの日、出席できなかった皆さんには補習を行っています。1人でも熱心です。


補習2回目です。違う小学校ですが、すぐにお友達になりました。
 

平成27年度 第5期 子ども司書養成講座受講生募集案内

     めざせ!ライブラリアン 
第5期 子ども司書養成講座受講生募集 


子ども司書養成講座開催にあっては、図書館見学などご家族一緒の
参加も歓迎しています。みなさんのご参加をお待ちしています。

第5期平成27年度子ども司書養成講座チラシ.pdf  (拡大版)
第5期平成27年度子ども司書養成講座実施要項.pdf
 

【期 間】  平成27年7月31日(金)~平成28年2月6日(土)
【会 場】  野辺地町立図書館
【対 象】  小学生4~6年生及び中学生
【受講料】  無 料  


     
【目的】  読書好きな子どもたちが、司書の仕事の知識や技術を修得し、
【会場】  そのノウハウを図書館や学校で活かしながら、友達や家族、
【会場】  地域の人達に読書の楽しさや素晴らしさを広める子どもの
【会場】  読書推進リーダーを養成することを目的とし開設します。
【講師】  〇野辺地町立図書館職員
【講師】  〇専門の知識や技能をお持ちの町民の方



【子ども司書の認定】

(1)受 講 数  全8講座の中から6講座以上を受講します。受講数が足りない場合は、
                    特別講義を行います。
(2)修了検定   上記の受講者で、当該講座から学んだ感想を、400字(原稿用紙1枚)
                     以内にまとめて提出してください。
(3)
認 定 証  上記(1)(2)の条件を満たした場合には、教育長が「野辺地町子ども司書
                       認定証」を授与します。
【その他】     町内の講座会場までの往復は、保護者の方の送迎とします。



【主催】  野辺地町教育委員会
【主管】  野辺地町立図書館
【後援】  野辺地町子ども読書活動推進実行委員会
     

カリキュラム【講座内容】↓をクリックして下さい。