来館者数1269489
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタート・プラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

平成23年度受講生募集案内


 13   めざせ!ライブラリアン
 子ども司書養成講座
図書館の役割や司書の仕事を楽しく学んで、子ども司書になろう!
子ども司書は、友だちや家族に本や読書の楽しさや素晴らしさを広める
子どもの読書活動を進めるリーダーをめざします!
 
子ども司書養成講座開催要項.pdf
小学生版チラシ.pdf 中学生版チラシ.pdf  
 

期  間 : 平成23年8月5日(金)~平成24年1月13日(金)

場 所:図書館、中央公民館、歴史民俗資料館 他

時 間:すべて10時~

対 象:町内 小学校4~6年生 12名、中学生 4名(先着順)

申 込:野辺地町立図書館まで(64-2195)

受講料:無 料

主 催:野辺地町教育委員会  

後 援:野辺地町子ども読書活動推進実行委員会


その他 :○7講座以上受講し、400字原稿用紙1枚に講座を受けた感想を提出
        してくれた人には「野辺地町子ども司書認定証」を差し上げます。
          送迎については、ご家族の方にお願いします。
        ○講座内容や日程が変更になる場合があります。
     その際はその都度連絡いたします。

講座内容:↓をクリックして下さい。

 

第1回目 開講式

 子ども司書養成講座の開講式を8月5日(金)に図書館の視聴覚室で行いました。この日は、受講生12名のうち8名が出席し、教育長のあいさつ、子ども司書受講生手帳の配布、職員紹介、受講生の自己紹介、オリエンテーションなどが行われました。
 教育長は、「本を読むことは心の栄養になり、色々な知識も身につく。司書の様々な仕事を学んで、学んだことを友達や家族に教えたあげたり、読書の楽しさを伝えてほしい。」と話しました。
 受講生の自己紹介では、「趣味は、本を読むこと。」「図書館をよく利用しているが、本のことや図書館でどんなことをしているかもっと知りたい。」「他の学校の子どもとも仲良くしたい。」などの抱負を語っていました。
 この養成講座は、10講座開催予定で、夏休み期間には、図書分類、絵本の読み語り、ポップの作り方などの実技を学びます。
 
                              教育長から受講生手帳が手渡されました。                                                                         
          子ども司書養成講座手帳


      拡大版.pdf
 

第2回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座

 8月11日(木)に図書館の視聴覚室において、めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座の第2回目を開催しました。今回は12名中、11名が出席。講座内容は、都合により、第1回目に予定していた「図書館ってどんなところ?」「司書の仕事を知ろう!」と2回目カリキュラム「図書分類(本の住所)を楽しく学ぼう!」を学習しました。
 また、実習では「本の読み語り」のポイントを教えてもらい、絵本の読み語りを1人づつ行いました。
 盛りだくさんの内容となりましたが、さすが本が好きで、図書館に興味のある子たちだけあって、真剣に聞いていました。また、図書分類のクイズには、ほとんどみな正解、教える側の図書館職員も思わず「みんな優秀です!」と感歎しました。
  読み聞かせの講師は、おはなしサークル「虹色の会」の会員、上原子さんと工藤さんが担当。子ども達も実際に絵本を手にしながら持ち方やめくり方を学びました。声を出すことには、まだちょっとシャイですが、読み語りの経験がある5・6年生は、上手に読んでいました。 
   
    絵本の開き癖をつけています。               「絵本の読み語り」の発表。

  
 

第3回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座

   3回目の子ども司書養成講座を中央公民館で行いました。本日(8月17日)の講座内容は、
「ブックコートかけをマスターしよう!」「ポップにトライ!」です。ブックコートをかける作業には、
気温が高いため悪戦苦闘しながらも子ども達は、講座時間の2時間、熱心に実習に取り組み
ました。
 
  ブックコートかけの指導は、図書館協力員の三津谷さんです。
  

  講座内で6作品が完成しました!全員の作品は、読書週間に図書館に掲示されます。
    
 

第4回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座 

  めざせ!ライブラリアン「子ども司書養成講座」の4回目を9月3日(土)に行い
ました。今回のテーマは「野辺地のひみつ!(野辺地を知る) 野辺地史跡めぐ
り」です。講師は、野辺地町歴史を探る会の宮澤秀男さん、野辺地町
歴史民俗資料館の駒井知広館長です。
 この日のコースは、一里塚(県史跡)、藩堺塚(県史跡)、常夜
燈(町指定史跡)、歴史民俗資料館です。天気予報は雨でしたが見
事な晴天。猛暑の中、子ども達は元気に講師の宮澤さんや駒井館長
の説明を聴いていました。
 史跡めぐりを終えて、子ども達は「野辺地町のふだん見ることが
できない珍しいものも見てとても勉強になった。」と感想を話して
いました。
 野辺地町関係図書については、11月開催の講座「ぼくらは本の
探偵団!」「レファレンスってなあに?」で紹介する予定になって
います。


常夜燈 文政10年(1827)に建てられ、盛岡藩の日本海航路
への窓口として賑わった野辺地湊へ夜間入港する船への目印とし、
火が灯されていました。(日本最古の燈台とも言われています。)


藩堺塚(四ツ森) 江戸時代に南部領と津軽領の境界の目印として
奥州街道沿いに築かれた塚です。


歴史民俗資料館 資料館には「板状立脚土偶」(大英博物館にも
貸出)「赤漆塗り突起付木胎漆器」「客船帳」など貴重な展示物が
あります。


野辺地町の史跡・文化財、野辺地町歴史民俗資料館についてはこちら
ご覧下さい。

 

第5回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座

 めざせ!ライブラリアン 「子ども司書養成講座」第5回目を平成23年10月8日に開催しました。今回のテーマは、「めざせパソコンの達人!」「県立図書館を見学しよう!」です。青森県総合社会教育センター、青森県立図書館、青森県近代文学館を会場に開催しました。
 パソコン操作の講師は、システムエンジニアの佐藤克則さんです。子ども達に楽しみながらパソコンに親しんでもらおうと、この日はペンギンのペン先生に扮し登場!講座内容は、インターネットを使った本の検索、調べ方の学習です。青森県立図書館の蔵書検索を使い、指定した3冊の本があるかどうかをクイズ形式で答え、続いて野辺地町立図書館の蔵書検索(佐藤さんが作成されました。)で調べます。野辺地町立図書館にない本を借りるため、青森県立図書館の県内公共図書館・大学図書館横断検索を使い、所蔵している図書館を調べるというもので、便利な相互貸借制度も学びました。
 どんな表紙の本かはネット書店で確認。この日は、ご家族連れでの参加もあり、ローマ字入力を学んでいない低学年のお子さんもいましたが、家族、引率の大人みんなで協力しながら、和気あいあいと楽しくネットで本の検索を行いました。 
  
 ペン先生、何やら便利な方法を見つけたよう!  「なるほど!」 お母さんと一緒に、パソコンで本の検索にトライ!
 
 パソコン講座の後は、青森県立図書館と青森県近代文学館の見学をさせていただきました。案内をして下さったのは、青森県立図書館司書、妻神昭子さんです。正面玄関前の石で作られた風車の彫刻の説明から始まり、一般室では、本や雑誌、新聞の所蔵数、本の返却台やマイクロリーダー、インターネット端末や蔵書検索端末の説明、AVコーナー、レファレンス、産業支援、新設された育児支援コーナー、森林関係資料など特設コーナーの紹介があり、児童室では、季節の展示の本や新着図書コーナーなどを見学。この日は、おななし会がある日で、おはなし会にも参加し、1日いたと言うご家族もありました。
 2階では、近代文学館の案内をしていただきました。青森を代表する13人、青森にゆかりのある作家を紹介する常設展に始まり、この日にスタートしたばかりの企画展「詩人・村次郎」も見学させていただきました。飛内文代室長さんが、子どもでも分かりやすく説明下さり、大人はまたゆっくりと拝見したい興味深い企画展でした。
 この後、普段見ることのできない閉架書庫では、資料を守るための防火のしくみや、集団読書テキスト、協力用図書などを見せていただき、県立図書館は一般の方の他に図書館にも本を貸している等、県立図書館の役割なども話して下さいました。
 1時間と言う長い時間でしたが、子ども達はとても興味を持って聴いていました。帰りの車の中では、「県立図書館が大きくてびっくりした。」「いろんな本が沢山あるのでまた来たい。」「いろいろな工夫をしていてすごい。」と話していました。
  
マイクロリーダーの説明を受けています。明治時代からの新聞があるとのことです。必要なところのコピーもできるので便利ですね。  近代文学館の常設展です。
  
  
 県立図書館は4階建て。今日の見学コースを案内板で確認しました。  近代文学館のオブジェ。綺麗ですね。
   
 

第6回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座

 野辺地町教育委員会主催「第2回ふれあい教育の日フェスティバ」ルが、
11月12日(土)に中央公民館で行われました。この日は、たくさんの親子
連れが集まり、野辺地検定ウルトラクイズ大会やおはなし工房、バルーン
制作、昔の遊び、手作りおもちゃ、ネイルアート体験、親子クッキング、英語
で遊ぼうなどを楽しみました。 
 
 オープニングでは、公民館みんなの教室「コーラス」のみなさんによる、
野辺地町民歌、家読の歌「こころつないで~read and talk~」に続き、子ども
司書の卵さん達によるミニおはなし会を行いました。子ども達は、この日のた
めに、練習を重ね、司会の原稿も自分で考え臨みました。たくさんの観客でし
たが、みんな堂々と息もぴったり合い、読み聞かせができました!
 初めてのデビューとあって、少し緊張気味でしたが、観客のみなさんから、
大きな拍手をもらい、司書の卵さん達、ホットした様子でした。


 
 
 
 
司会のYちゃん、さすが6年生だけあって、自分で原稿を書き
当日は、暗記をして絵本の紹介していました!


「おにぎりくん」「たまごやきくん」「からあげくん」 村上康成/作・絵 小学館
なんともおいしそう~。み~んな集まって 最後はみんなでピクニック!
息がぴったりの3人でした!

「えらい えらい」 ますだゆうこ/文 竹内通雅/絵 そうえん社
「えらい えらい」 「なんで えらい?」 2人の掛け合いが楽しかった
です!
 

第7回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座

 今年度第6回目の子ども司書養成講座を11月26日に開催しました。
今回のテーマは、「ぼくらは本の探偵団」「レファレンスってなあに?」
です。今までの養成講座では、分類番号(本の住所)やインターネット
で図書館の本を検索する方法を学んできましたが、今回は実際に図
書館で課題の本を探してみました。図書館はよく利用しているのに、
自分がよく読んでいる本以外のものを探すのは、結構大変のようでし
た。
 レファレンス(利用者の質問に資料を提供し回答など)では、キーワ
ードを広げるために「お米」で連想できる言葉をたくさん考え発表して
もらいました。こちらは、教えている側も考えつかない柔軟な発想で、
司書が感心する一幕もありました!レファレンスの実際では、課題の
テーマの他に自分で考えたテーマで、それぞれ調べ、何の本で調べ
たかたなどを調査用紙に記入し、発表を行いました。「アロマキャンド
ルの作り方」「山のできかた」「富士山の高さは何メートル?」などです。
資料が探せず、苦労したテーマもあったようですが、視点を変えたり
一般図書からも探し出し、時間内に全員課題をクリアできました!

この日は、事務室が会場。みんなで顔を合わせて相談しています。 


みんなで知恵を出し合っているところです。


ペンギンの種類について調べています。


野辺地町関係資料「歴史の息吹」は、ここにあった!

 

第8回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座

  12月27日(木)、第8回目の子ども司書養成講座を、図書館の視聴覚室にて開催しました。
 今回は、「本のお医者さんになろう!」をテーマに、町内在住の今井實人さんを講師に、製本技術や本の修理
方法について学びました。
 参加した子ども達は、本の構造についての講義を受け、「ちょっと昔の話」(坂本よし子/著)の豆本作りにチャレ
ンジしたあと、講師による本の修理を見学しました。みんな真剣な表情で、一生懸命頑張っていました。
 
    
           講師の今井實人さん     うまく紙が取れない時は、指サックがあると
    便利だよ!
 
    
       ここの角をそろえるとキレイに折れるよ!                         うまくくっつくといいな!! 
    
    
       講師による本の修理(実演)見学中    この日の様子はデーリー東北新聞に掲載していただ
 きました。 
 
                                                                           
   
 

第9回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座 

  めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座の第9回目を冬休みに
開催しました。今回は、図書館のカウンター体験(本の貸出・返却)です。
カウンターの仕事はとても人気で、終了時間後ももっとやりたいと言って
いた受講生もいました。期間中、大人の利用者の方たちは、「すごいね。
お手伝いなの。がんばってね!」「いいですね!小学生の頃、こんなこと
やってたら、私もぜひ、やりたかった。」と激励をしていました。 
  また、カウンターでは、ホームページ作りにも挑戦しました。第2回養
成講座で作成したポップ等の紹介文をホームページに掲載しました。み
んな真剣に取り組んでいました。


      本の貸し出し中です。


   子どもの本の返却ならまかせて!


      パソコンに向かうみんな真剣そのものです。


     2年生のTちゃんと3年生のMちゃん
     熱心に図書カード作成中です。
 

第10回目 めざせ!ライブラリアン 子ども司書養成講座閉講式 

 1月13日(金)に子ども司書養成講座の閉講式を行いました。
閉講式には都合により出席できなかった受講生もいましたが、
この日、12名中、9名が出席し、古田教育長から、子ども司書
の認定書が手渡れました。
 教育長は、養成講座を受講し、所定の課程を見事に修了し
たことを称えると共に、「読書はサプリメントです。サプリメント
の栄養を心や頭にたくさんとって下さい。また、今後は学んだ
ことを役立てて、みんなに本の楽しさ素晴らしさを伝えてさい。」
と挨拶をしました。
 この後、受講生からは養成講座に参加して「とても勉強になっ
た。」「楽しかった。」「学んだことを生かし、いろんなことに挑戦
したい。」等たくさんの感想が発表されました。
 また、今後、具体的にどんな活動をしたいかなどを教育長や
館長と話し合った後、みんなで記念撮影を行いました。
 夏休みの8月から10回に亘る講座、受講生の皆さん、大変ご
苦労様でした!
                    ※受講生の感想文  認定証.pdf 


       教育長から認定書の授与。


      講座を受講しての感想が読み上げられています。


       今後の活動についての話合い。


            全員で記念撮影をしました!