来館者数1272774
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタート・プラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

「図書館司書をやってみて」 野辺地中学校1年 F.W.さん


 私は、図書館司書をやってみて驚いたことがたくさんありました。
なぜなら、いつもは見えない裏の仕事が体験でき、知らないことが
思ったよりたくさんあったからです。私は、なぜ図書館の方々は、
すぐに本を見つけられるのか、なぜすぐに本をもとの場所にもど
せるのか不思議でした。本についている番号に関係しているとは
思っていましたが、意味までは、知らなかったです。そして今回、
アルファベットや番号の意味を教えてもらうことが出来ました。
今度、図書館に行った時は、図書館の方に聞かずに、自分の読
みたい本を見つけられるといいなと思いました。
 

「司書を体験して」 若葉小学校6年 S.K.さん

 
   今年初めて司書を体験してみて図書館の仕事は大変なことが分
かりました。でも楽しいことがたくさんありました。
 1つ目に楽しかったことは「県立図書館」に行ったことです。裏側
が見れて良かったです。あんなにたくさんの本があることにおどろ
きました。また、今度行ってみたいと思いました。
 あと、図書館の仕事が大変だと思った場面は、「カウンター」の仕
事です。借りる人へわたす時は相手が喜ぶようにわたせば良いと
思いました。また、パソコンを使って仕事をする時も大変だと思いま
した。
 私は司書を体験して、楽しかったこともあるけれど、大変なことが
分かりました。またこのような機会があればやってみたいと思いまし
た。

 

「図書館司書を終えて」 若葉小学校6年 F.K.くん

 
  ぼくは、本が大好きです。けれど本についてはあまりくわしくありま
せんでした。けれど司書を始めて知らなかったことを知ることができ
ました。
 例えば本の分類についてです。分類番号、著書記号、補助記号や
色を使って分類していることを知りました。またその番号にも1つ1つ
意味があることにおどろきました。番号の意味はあまりないと思って
いたけれど、しっかりと決められていることにとても感心しました。
 このようにぼくは司書を終えて本の分類のことだけではなく本につ
いてくわしく知ることができました。まだまだ本について覚えていない
ことや知らないこともあります。それらを少しでも多く知ることができた
ならいいなと思いました。

 

「司書をやり終えて」 若葉小学校6年 M.R.さん


 私は、司書をやっていろいろなことを知ることができました。一番
楽しかったのは、青森の県立図書館へ行ったことです。青森の図
書館では、昔の新聞を見ることができるのですごかったです。
 学んだことは、利用者のためのきづかいです。本は、しゅるいご
とによって分類されていて、利用者も本を見つけやすくなっている
ので利用者はとても便利に使うことができると思います。
 まだ、図書館について知らないことがたくさんあると思います。だ
からまた、たくさん図書館を利用して、知らないことを知っていきた
いと思います。
 そして図書館を利用するときは、マナーを守って利用したいです。

 

司書をおえて 若葉小学校6年 A.H.さん


 私は初めて司書の活動をしました。今までたくさん利用してきた
図書館ですが、どのような仕事か分かりませんでした。けど、司書
を体験して本の分類など色々なことが分かりました。
 何より一番楽しかったのは、青森の図書館に見学しに行ったこと
です。野辺地町の図書館もすごく本がたくさんあったけど、青森の
方がたくさんありました。
 そして学んだのは、やはり図書館の利用者が楽しく過ごせる、自
分の時間を過ごせるように努力すること。楽しく過ごすのは、好き
な本を長く読めるからです。しっかりと本を整理すると見つける時間
が早くなります。自分の時間を過ごせるというのは、勉強や音楽プレ
ーヤーを聞く人みんなそれぞれいるけど図書館は静かです。このよ
うに図書館では、利用者にとってとてもいい公共施設だと思います。
私はこれからもマナーを守って利用したいです。

 

「司書でできた初体験」 野辺地小学校5年 E.S.くん


 僕は、今年初めて子ども司書養成講座に出て、いろんな事が
できました。
 例えば、初めて青森の県立図書館へ行った事や、本のつくり
方などを知った事です。特に、カウンターの仕事とホームページ
に本を紹介するのが、とてもおもしろかったです。最初は慣れな
くて上手にできなかったけど、どんどんできるようになって、とても
おもしろかったです。普段、ホームページに本を紹介しないし、初
体験だったので、とても楽しかったです。
 また、来年もやろうかなと思いました。
 

 

「図書館の子ども司書」 野辺地小学校5年 T.Y.


  わたしは、最初、子ども司書とは何か分からず、ただ本が好きで
やってみる事にしました。
 1回目は、子ども司書養成講座開講式でした。わたしも、合わ
せて11人でした。いつもは、入れない(しりょうのたくさんあると
ころ)に入れてもらいました。本の中身を見てみるとズラーット文
字がならんでいて読めませんでした。
 次は一階のおくに入れてもらいました。昔の本がたくさんあっ
て、ドアノブのような所を回すと次々に重い本だなが動いてビッ
クリでした。
 子ども司書のみんなの前でもじこしょうかいで、きんちょうしま
した。みんな、やる理由があってすごいなぁと思いました。


 2回目は、ふるさとたんていだんでクイズをといて、その場所
に行くというので楽しくて、あっというまでした。終わりに食べた
かき氷が、おいしかったです。


 3回目は、ブックコートかけと本のしょうかいでした。本のブッ
クコートかけは、カッターを使ったり意外とむずかしかったです。
 本のしょうかいは、「天然水のひみつ」をしょうかいしました。
水の大切さとその話に合った絵を書きました。


 4回目は、「本のおいしゃさんになろう」で、本を作りました。
わたしは、さいしょ本(紙とテープでくっつけるの)を予想してい
たけどちがって、本当にせっちゃくボンドを指でぬったり、紙を
きれいにそろえたり、ほんかく的で、すてきにできました。


 5回目は、「本の住所を知ろう」でした。本の分類には、住所
が必要で、スーパーマーケットのように、決まりどおりに同じ
種類の本を同じ場所に分けておくようです。理由は、バラバラ
だと、とてもさがしにくいからです。これを、分類というそうです。
本の分類は、日本十進分類法(NDC)に分かれているそうです。
本の仲間に分けて、さがしやすいようにするそうで、初めて知
りました。わたしが、ここで学んだことをまとめると、本には住
所があって、それを(NDC)という。本はさがしやすいように、た
なには左から右へ上から下へ、日本十進分類法のならび順に、
0から999までならべる事になってるそうで、さらに同じ分類番
号があっても、さがしやすいように、その本を書いた人のかしら
文字を付けてわかりやすくしている事、ラベルの色で、どんな人
向けの本なのか、分かるようになってる事、本の番号(分類番号)
で、どんな本も見つけられることを学びました。


 他に、カルタ大会もやりました。カルタをとるので、ゆうしょうを
のがしたけど、楽しかったです。
 クリスマス会も、クイズを出す係で、みんなの前できんちょうし
たけど、とても楽しかったです。
 カウンター体験は、今までの事を生かし、やりました。お客さん
の相手役もがんばりました。
 大へんだったけど、今までずっと楽しい図書館司書こうざでした。
次回は、最後の図書館司書です。今度から、図書館に来たら、今
までのことをふり返って、本をかりたいです。

 

子ども司書養成講座を受けての感想 野辺地小学校4年 I.K.

 
   わたしは子ども司書養成講座を受けて、良かったです。今回は、
「野辺地町ふるさと探偵団」や「青森県立図書館を見学しよう!」と
「パソコンの達人になろう」に参加できてうれしかったです。ポップで
は、バムとケロの本をしょうかいしました。「絵本の読み聞かせに
チャレンジしよう!」では、リサとガスパールの本を読みました。
そしてホームページでは、「ルルとララのチョコレート」をしょうかい
しました。去年はネットにのせれなかったので今年はできて良かっ
たです。1番楽しかった講座は、第4回の「パソコンで図書検索の
達人になろう!」「青森県立図書館を見学しよう!」です。インター
ネットを使った本の調べ方を教えてもらったり、青森県立図書館と
本のことをくわしく教えてもらいました。野辺地の図書館より広かっ
たのでびっくりしました。友達に司書で勉強したことを色々教えてあ
げたいと思います。

 

子ども司書こうざを終えて 野辺地小学校 3年 K.S.


 わたしは、学校でわたった手紙の中の図書館だよりを見て、子
ども司書というのがあることを知って、とってもやってみたいと思
いました。でも、3年生はできないと手紙に書いてあったので、と
ても悲しかったです。
 ある日、本をかりに図書館へ行くと、カウンターにいる図書館の
先生によびとめられて、
「子ども司書やってみない?」と言われました。わたしは、よろこん
でやりました。
 7月31日に自こしょうかいをしました。ちょっとはずかしかったで
す。
 8月9日にポップ作りをしました。自分でかいた絵を友だちに見ら
れるのは、はずかしかったです。
 しょうらいのわたしのゆめは、司書になって、世界の子どもに本
をとどけて、読ませてあげたいです。司書になれるように勉強しま
す。