来館者数1420330
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタートプラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

お知らせ

子ども司書(第1期生)の前田美聖さんが、平成24年度野辺地
ロータリークラブ主催の読書感想文コンクールの会長賞を受賞
しましたので、ご紹介します。
 

「野辺地ロータリークラブ読書感想文コンクール」会長賞受賞


「マザー・テレサとその世界」を読んで 
 前田 美聖



 「マザー・テレサの存在は、日本ではほとんど知られてなかった…。」
 私は、この本の一行目でびっくりしてしまいました。ではなぜ、今
マザー・テレサを私達が知っているのか、それは1979年度ノーベル
平和賞の受賞を契機としてその信仰と働きが、多くの人々に一気に
身近なものになったと著者が伝えています。私は、母が映画でマザー・
テレサのことを知り、母からマザー・テレサのことを聞きました。
 マザー・テレサがノーベル平和賞を受け取ったとき、
「私個人はノーベル平和賞に値するとは思いません。しかし、人々が貧困
問題にもっと目を向けるために、この賞が与えられたものと思います。」
と言いました。これはびっくりぎょう天です。さらに、
「私達を愛と信頼とで受け入れてくださったカルカッタの貧しい人たちに
感謝します。」
と言ったのです。貧しい人達に感謝するなんて考えたことがありません。
でも、それほどマザー・テレサはすばらしい人なんですね。
 マザー・テレサは、ある記者に
「彼女は極端に小柄ですよ。それなのに、どうしてあれほどの仕事ができ
るのか不思議ですね。」
と言われました。私も同感です。マザー・テレサの写真を見る限り小柄な
おばあちゃんです。でも、いろんなすばらしい活動を行なっています。まる
で魔法を使っているかのようです。人を愛し、人を助け、数えきれないほどの
人を救う…。これを毎日毎日やりとげているのです。
「神様のおのぞみならば、私はどこへでもまいります。たとえ遅れてもそうし
ます。」
この言葉は私の心に小さな小さな灯をくれました。信仰と決心の灯です。さ
らに私達子供のことを神様の贈り物と言ってくれました。神様からの贈り物
だよ、と言われてとてもうれしいです。
 マザー・テレサは、
「この世で最大の不幸は、貧しさや病ではない、むしろ、そのことによって見
捨てられ、だれからも自分は必要とされていないと感じることである。」
と言っています。つまりどんなに貧しい人でも、どんなひどい病でも、不幸で
はないんです。だから貧しい、病があるといってすぐにあきらめないでほし
いです。今年の「24時間テレビ」のテーマのように「未来」を見つめて希望を
もって生きてほしいです。
 このマザー・テレサの言葉は、希望になります。私はこの本を読んでいたら、
マザー・テレサに会いたくなりました。マザー・テレサの愛の大きさをいつも心
の支えとして生きていけたらと思います。


千葉茂樹/編・著 女子パウロ会