来館者数1721742
 
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

家読した本のコメント(感想)紹介 ③

    家族で20冊を読みました!


7
 平成23年12月20日~平成24年3月21日まで「家読(うちどく)で
スタンプライブラリー」を開催しました。家族で同じ本を20冊読んで、
20個のスタンプを集め、印象に残った本5冊について「うちどくノー
ト」にコメントを書いてもらうと図書カードを差し上げるというもので
す。平成23年度は、18家族の申し込みがあり、9家族が読了しま
した。前年度は、「家読におすすめの本300冊」の中から、読んで
もらいましたが、今回は自由としました。ここにご家族名とコメント
を紹介します。
                                             (敬省略)                            
 保護者の名前 お子さんの名前
熊沢恵梨子 心桜
田中隆子 健仁
福地里久 里香
熊谷あかり 咲良
島谷秀樹・知里 凪海・萌華・粋明
滝沢あさか かずき・ゆうな・こうすけ
下田宰・祥子 華仙・倫
前田智子 美聖・聖香
千葉美雪 穂香

〇「にじいろのさかな」 マーカス・フィスター/作  
    谷川俊太郎/訳 講談社
【子どもの反応】 絵に興味津々 (3歳児に読み語り)
キラキラのお魚をさわりながら見ました。お話がちょっとむずか
しいかな?と思いましたが、読んだあと「一人ぼっちだったけ
ど、たくさんお友だち出来て良かったね。」とちゃんと分かってい
た様子。後から少し分かりやすく説明しました。
【母のコメント】
大人も子供も、大切な何かを感じ、考えさせられる本でした。
見えないけど、大切なものを分かりやすくお話しにした本という
感じ。努力する事、他人への思いやり、喜びを分けあうこと、友
情、等。いくらきれいなうろこがあっても、心が無いと一人ぼっち
なんですね。ハッピーエンドで良かったです

〇「14ひきの ひっこし」 いわむらかずお/作 童心社
子どものコメント
きつねやフクロウに食べられずに家をみつけたのがすごいと思
いました。
【保護者のコメント】
ねずみの家族がひっこしをするのですが、新しい家を見つける
までにいろんな事があり、まるで「大草原の小さな家」絵本の様
でした。新しい家はとても大きくて住みやすい様に自分達で作っ
ていく様子もほのぼのとしてとても良かったです。私も住んでみ
たくなりました。

〇「ともだちや」 内田麟太郎/文 降矢なな/絵 偕成社
【子どものコメント】
キツネにオオカミというともだちができてよかったです。
【保護者のコメント】
キツネがともだちやという商売をしていて、1時間100円もらって
いたが、オオカミはキツネの本当のともだちになり、一番の宝物
のミニカーをくれた。本当に友達を欲しがっていたのは、実はキ
ツネだったのでとてもうれしがった。心のあたたまる暖かいお話
でした。

〇「あのね、わたしのたからものはね」 ードリィ/作 偕成社
子どものコメント
みんなはいろいろ「たからもの」のことをはなしていたけど、メア
リィ・ジョーだけは、「たからもの」の話をしていません。かんどう
する、やさしい、たのしいものがたりです。
【保護者のコメント】
なかなか みんなの前で「たからもの」を紹介できない主人公。
お父さんが「たからもの」っていうことに気がついたのは、素敵
なことです。他の友達もつられて、お父さん自慢が始まったの、
が、楽しいですね。愛を持って育てると「たからもの」って言って
もらえるのですね。

〇「マジック・ツリーハウス メアリー・ホープ・オズボーン/作 
                   メディアファクトリー

子どものコメント
ジャックとアニーは、マジック・ツリーハウスでいろいろな国を
冒険できるので、うらやましいと思いました。わたしもいろいろ
な国を冒険してみたいです。
【保護者のコメント】
ジャックとアニーが、手紙をもとに任務をやりとげていくところ
が、おもしろいと思いました。手紙が暗号みたいになっている
ので、2人がといていくのがおもしろかったです。途中、ライオ
ンが出てきて、“あぶない”と思いましたが、空飛ぶライオンで
安心しました。

〇「からすのたまごにいちゃん あきやまただしン/作 
                      鈴木出版

子どものコメント
からすのたまごにいちゃんが、ねこに木の上にのせられて、た
まごをわってすごかったです。ぼくもからすで大きくなるまでわ
らないときは、ぼくもたまごのからをわってみせます。
【保護者のコメント】
誰も助けてくれないとわかったたまごにいちゃん。自分自身で
たまごの殻を割ってみようと努力し、りっぱなからすになりまし
た。自分で”こうしてみよう”とまずは体験してみる事が大事な
んだという事を子どもも感じてくれた嬉しいです。

〇「ミニミニおばけの まじょっぴ 藤真知子/作 ポプラ社
子どものコメント 
 
 
 
            
ミニミニおばけにあって見たいと思いました。
てつだいをするおばけはかわいいと思いました。
【保護者のコメント】
ゴキブリやどろぼうといっしょに思われるのはいやだと はた
らき出す ミニミニおばけたち。そして、おいしゃさんと仲良く
協力していくところが、とても ほのぼのしていて、いいです。

〇「佐賀のがばいばあちゃん 島田洋七/作  徳間文庫
子どものコメント】
いつも元気ながばい(すごい)ばあちゃん。先祖代々貧乏ぐ
らし。でも、その知えと発想におどろくばかり。ちょっと読ん
だらくせになりました。とても楽しいです。
【保護者のコメント】
がばいばあちゃんシリーズ3冊。いつも元気ながばいばあちゃ
んがね、こう言ったんだよ。家族みんなで大笑い。こんな人
が近くにいたら、心がおおらかになるね。とか話が尽きない
シリーズ。我が家の宝物がまた増えました。

〇「まほうのじどうはんばいき やまだともこ/作 金の星社
子どものコメント】
 

ほしいものがでてくるところが、おもしろい。
【保護者のコメント】
男の子がみつけた自動販売機は、にじ色の不思議な物だった。
なんでもほしい物が出てくる販売機はドラえもんみたいで、子供が
ほしがりそうですが、そればかりたよっていてはダメだと言う事に
気付かせてくれる話しだと思いました。
 

家読した本のコメント(感想)紹介 ②

家読(うちどく)のコメント紹介②(Sご家族)
本日の家読(うちどく)のコメント紹介は、Sご一家です。
お父さん、お母さん、小学4年生、小学2年生、2歳の5人家族です。



1.「からすのパンやさん」
 かこ さとし/作・絵 偕成社
  【子どものコメント】 
  からすのパンやさんが いろいろなパンを作ってたくさんの種類の
  パンができます。でも、パンをやくときに でてくるけむりを かじと
     大まちがい!!それで、みんなパンやにあつまり、パンをかって
     かえりました。わたしも いきたいです!!
  【母のコメント】 
  からすのパンやさんがいろいろなパンを焼きます。種類が多すぎ
  てびっくりしちゃうほどです!!お気にいりは「バイオリンパン」と
  「たこパン」です。娘たちがちっちゃい頃から大好きな本の1冊と
  なっています。


2.「14ひきのおつきみ
」 いわむら かずお/作 童心社
  【子どものコメント】 
  絵のぶぶんが大きいので、オリジナルのお話を作ることもできます。
  下だけに文しょうがあるので、どこに文しょうが あるかさがさなくて
  すみます。
  【母のコメント】 
  14ひきのねずみが、おつきみの準備をしているところがかわいい
  です。そして、いよいよおつきみ。おつきさまに感謝しておがんでい
  ます。末の子が大のお月さまずきなので、毎日、月を見るのが楽し
  みです。どんな月が出ているのかな?


3.「へんしんマラソン」 あきやま ただし/作・絵 金の星社
  【子どものコメント】 
  ことばをづづけていっていると、だんだん、べつのことばになること
  が、おもしろいです。みなさんもぜひ、よんでみてください。おもしろ
  いですよ。
  【母のコメント】
  マラソンしていて、ことばがへんしんしていって、とても楽しいです。
  ことばあそびにもつながると思います。「きんぞう」さんが「ぞうきん」
  になったり、「やたい」が「たいや」になったり、家でもいろいろへんし
  んさせて遊んでいます。


4.「エルマーのぼうけん」 ルース・スタイルス・ガネット/作
  ルース・クリスマン・ガネット/絵 わたなべ しげお/訳 福音館書店
  【子どものコメント】
  エルマーみたいに、いろいろとたびをしてみたくなりました。
  【父のコメント】
  エルマーが、うまいこと動物たちをだまして、りゅうを助け出す様子が、
  とても勇敢だと思いました。


5.「ふたりはともだち」 アーノルド・ローベル/作 三木卓/訳 文化出版局
  子どものコメント】 
  教科書にのっているお話もあります。「おてがみ」です。ぜんぶひらが
  ななので、よみやすいし、おもしろさがよくつたわります。みなさんも、
  ぜひ、みてください。
 
  【父のコメント】
  がまくんとかえるくんの二人のやりとりが、とてもほのぼのしていて、  
  自然と笑顔になるお話です。


6.「ぐるんぱのようちえん」 西内ミナミ/作 堀内誠一/絵 福音館書店
 
 
 
 
  【子どものコメント】 
  さいしょは泣いてばかりのぐるんぱだったけど、ようちえんをひらいて、
  りっぱにそだちました。わたしの弟をかよわせたいです。
  【母のコメント】
  ぐるんぱが作ったビスケットやくつ、ピアノやおさらが役立って、よか
  ったと思います。私もおさらのプールに一度入って泳いでみたいです。


7.「はらぺこあおむし」 エリック・カール/作・絵 もり ひさし/訳 偕成社
  
  【子どものコメント】 
  わたしも、いつもあんなくだものを食べてみたいです。
  【母のコメント】
  はらぺこあおむしが土曜日に食べたものが、おいしそうで、何回も
  読みました。絵の色づかいがとってもはっきりしていてきれいです。


8.「給食番長」 よしなが こうたく/作 長崎書店
  【子どものコメント】
  〇給食を自分で作るのは、むずかしそうだなと思いました。
  〇きゅうしょくをいますぐたべたくなりました。
  【母のコメント】
  給食の大切さがわかる本です。給食番長の迫力がありすぎて
  びっくりしました。博多弁がついていて、おもしろいなぁと思います。


9・「ちいちゃんのかげおくり」 あまんきみこ/作 上野紀子/絵 あかね書房
  【子どものコメント
  3年生の教科書にものっていました。よむと、かんどうして、なみだ
  がでてきます。
  【母のコメント】
  いつも読むと泣いてしまいます。今の時代は平和でよかったと思い
  ます。これからも戦争のない世の中であってほしいです。


10.「しゅくだい」 いもと ようこ/作・絵 岩崎書店
  【子どものコメント】
  〇わたしもそんなしゅくだいが出されたらうれしいです。
  〇わたしも、だっこのしゅくだいがあったらいいです。
  【母のコメント】
  ある日のしゅくだいがだっこでした。もぐらのもぐは、お母さんたちに
  だっこしてもらってうれしそうです。たまにこんなしゅくだいもありかな?


11.「すてきな三にんぐみ」 トミー・アンゲラー/作 いまえよしとも/訳 偕成社
  
  【子どものコメント】
  本当は、どろぼうというずるがしこい人なのに、おしろをつくって、子ど
  もをいれてあげていたので、本当はやさしいんだと思いました。
  【母のコメント】
  姉2人とも、小さい頃から大好きな本の1冊です。どろぼうなのにお城
  をたてて、子どもたちのお世話をしました。このお城がすてきなので入っ
  てみたいと小さな頃から言ってました。色づかいがきれいです!


12.「うんちっち」 ステファニー・ブレイク/作・絵 ふしみ みさを/訳 
           PHP研究所
  【子どものコメント】
  何を言っても「うんちっち」としか言わないシモンがおもしろかったです。
  母のコメント】
 
  シモンは、いつも「うんちっち」しかいわないけど、本当はいっぱいいえそう
  でした。いうのをめんどうくさがっているのかも…。とってもかわいいです。


13.「11ぴきのねこ」
 馬場のぼる/作 こぐま社
  【子どものコメント
  11ぴきのねこが、大きな魚をとるところが、おもしろいです。
  【母のコメント】
  11ぴきのねこが、とった大きな魚を食べないよ。と決めたのに、朝起きた
  ら全部食べていたのが、おもしろかったです。やっぱり、がまんできなかっ
  たんだな。


14.「キャベツくん」 長 新太/作・絵 文研出版
  【子どものコメント】
  ブタヤマさんの「ブキャ!」がおもしろいです。
  【母のコメント】
  ブタヤマさんが、キャベツくんのいったことを想像している絵がおもしろかっ
  たです。さいごにブタヤマさんをレストランにつれていったキャベツくん、
  かわいいです!!


15.「としょかんライオン」 ミシェル・ヌードセン/作 ケビン・ホークス/絵
福本 友美子/訳 岩崎書店
  【子どものコメント】
  わたしの図書かんにも、こんなライオンがいたらいいなぁと思いました。
  【母のコメント】
  図書館にお手伝いしてくれるライオンが来ました。本もしずかに聞いて
  いるし。子どもたちにもなつきました。あんなライオンが図書館にもいる
  といいですね!!


16.「にんきもののひみつ」 森 絵都/文 武田美穂/絵 童心社
  【子どものコメント】
  じみなけいたとちがって、キンキンは、人気者。そこで、けいたは、キン
  キンのひみつをさぐることにしました。ドキドキする本です。
  【母のコメント】
  けいたくんが、人気者になりたがっているところがおもしろいです。女子
  にインタビューしていて、自分も人気ものをねらているなと思いました。
 

家読した本のコメント(感想)紹介 ①

       家読(うちどく)のコメント①(Mご一家)     

ただ今、第2回家読(うちどく)でスタンプライブラリーを開催中ですが、
昨年の第1回スタンプラリーに参加したご家族が読んだ本の感想を
紹介します。本日はMご一家です。参加メンバーは、お母さん、お父
さん、小学2年生、園児(5歳)の4人です。読んだ本は「家読におす
すめの本300冊」の本です。(2012.1.30)


1.「びゅんびゅんごまがまわったら」 宮川ひろ/作 林明子/絵 童心社
  【子どものコメント】
  つぎの日になっても校長先生は、まだふえをふけないので、校長先生は、
  こうすけたちにかわりをやらせました。ぶたいでやって、みんなにだいかっ
  さいをうけて、その日からにんきになったところがいいな~と思いました。
  【父母のコメント】
  目標のために頑張れる、努力できる子になって欲しいものです。

2.「ありがとう、フォルカーせんせい」 ドーン・アバリー/作・絵
  堀内 磯子/訳 岩崎書店
  【子どものコメント】
  
  トリシャみたいに字がくねくねしたかたちしか見えない人もいるんだ
  な~と思いました。これからも、もっと、こういう人がいるんだとわか
  りたいです。
  【父母のコメント】
  人の痛みの分かる大人でありたいものです。子供たちにもいろいろ
  な人がいて、一人一人がんばっていることを分かって欲しいです。

3.「ロッタちゃんのひっこし」 アストリッド・リンドグレーン/作
  イロン・ヴィークランド/絵 山室静/訳 偕成社
  【子どものコメント】
  
  ロッタちゃんみたいに切ってしまったけど、さいごおかあさんにあや
  まったところがいいと思い、わたしもそういう人になりたいと思いました。
  【父母のコメント】
  

  となりに住むベルイおばさんが、とても良かったです。ロッタちゃんの
  言動がかわいく、最後のお母さんとの会話が良かったです。
4.「トビウオのぼうやはびょうきです」 いぬい とみこ/作 津田櫓冬/絵
  金の星社
  【子どものコメント】
  わたしたちが生まれる前、長さきとかのほうで、ばくだんがおとされ、
  かんけいのない人たちがころされたり、びょうきになったりしていた、
  ということがわかりました。 
  【父母のコメント】
  この本によって、核の恐ろしさを子供に話すことができました。

5.「だいじょうぶ だいじょうぶ」 いとうひろし/作・絵 講談社
  
  【子どものコメント
  「だいじょうぶ だいじょうぶ」ということばは、いろんなことばが
  つまっているんだな~とかんじました。そして、いつかりっぱな
  大人になれるんじゃないかと思いました。
  【父母のコメント】
  「だいじょうぶ たいじょうぶ」良い言葉だなと思いました。何かに
  つまったとき子どもにこの言葉を言ってあげたいです。

6.「どろんこハリー ジーン・ジオン/文 わたなべ しげお/訳
  マーガレット・ブロイ・グレアム/絵 福音館書店
  【子どものコメント】
  

 
  おふろがきらいなハリーが自分から入ったのは、びっくりしました。
  父母のコメント】
  外で遊んで風呂に入って、ぐっすり寝て、いい1日を過ごせたね。

 
  
 
7.「はじめてのキャンプ」 林明子/作・絵 福音館書店  
  【子どものコメント】
  小さい女の子のなほちゃんが、キャンプに行ったのが、びっくりし
  ました。
  【父母のコメント】
  大きい子達と一緒に頑張る姿がかわいい、けな気…。こんな風に
  大きくなっていくんでしょうね。

8.「あたまをつかった小さなおばあさん」 ホープ・ニューウェル
  松岡享子/訳 山脇百合子/画 福音館書店
  【子どものコメント】
  
おばあさんがやさしいなと思いました。頭がいいと思いました。
  【父母のコメント】
  使わないなら頭を持ってたって、なんの役に立つ?
  そのとおり…。

9.「わすれられないおくりもの」 スーザン・バーレイ/作 小川仁央/訳
  評論社
  子どものコメント】
  アナグマみたいにかしこくなりたいです。
  まわりの人たちもやさしかったです。
  【父母のコメント】
  人は死んでいくもの。こんな風に死んだ後、楽しく思い出を語って
  もらえるような人生ていいなと思いました。

10.「ねえ、どれがいい?」 ジョン・バーニンガム/作 
  まつかわ まゆみ/訳 評論社
  
  【子どものコメント】  
  どれがいいといわれても へんなものばかりで えらべませんでした。
  父母のコメント】
  姉とどっち?と読みながら、一緒に考えている2人の姿が良かったです。

11.「あのとき すきになったよ」 薫くみこ/作 飯野和好/絵 教育画劇
  【子どものコメント】
  ゆいこが学校でおしっこをして、まりかちゃんが、水をかけてくれて、
  まりかちゃんがおこられたところが、やさしかったです。
  父母のコメント】
  友だちを思いやれる、大事にできる人になって欲しいです。

12.「みんなあかちゃんだった」 鈴木まもる/作 小峰書店
  【子どものコメント】
  この本を読んでいたら妹の赤ちゃんのころを思い出してきました。
  【父母のコメント】
  
こんな風に育ってきたな~と一つ一つがなつかしかった。

13.「しゅくだい」 いもと ようこ/作・絵 岩崎書店
  【子どものコメント】
  〇しゅくだいにそんなぎゅっとしてもらうしゅくだいがあっていいなーと
   思いました。
  〇わたしもぎゅっとしてもらいたいです。そして、ゆうきをもっともらい
   たいです。