来館者数1297631
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタート・プラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

耳で聞く野辺地方言集

「聴く」をクリックすると野辺地方言を実際にお聴きいただけます。
これは、サンプル版です。CD-ROM版には全行・全単語が含まれています。
 

ア~オ

意  味
アガサマヘ 召し上がって下さい。家へ上がって下さい。「アガラサマヘ」は丁寧な言い方。「アガテヘ」ともいう。
アギタ あご。
アグアグド あぐりあぐりと。食べる態。
アグド 踵。「アグドバゲル」とは疑えば自分の足音も他に追いかけられているように恐れること。
アダマナリ 人品。人柄。
アノセ あのねに当たる。「アノセニシ」「アノニシ」ともいう。
アベ 行こう。「畑サアベ」。
アモコ 子供が泣くと出てくる怪物。「そらアモコ来た」というと子供が泣きやむ。
意  味
イガドモッテ いい気になって。「イガドモッテなんでもかんでもしゃべる」。
イゲホイド けちんぼ。
イジクラシネ 窮屈なこと。
イッツカラ 早くから。「アノ人アイッツカラ来テイダ」。
イットゴマ ちょっとの間。
イヘル すねる。
意  味
ウサクセ 胡散くさい。
ウシロクド ぼんのくぼ
ウダデ 気持悪くいやなこと。古語の「うたて」に因る。
ウルアメェ 粳(うるち)のあまさ。焼米やしとぎ餅を噛んでいると、この「ウルアマサ」が出てくる。
ウルゲル 潤うこと。潤すは「ウルガス」の意。
意  味
エマダ そらまた。「エマダ、孫の自慢がはじまった」。
エロガロ 呂律のまわらない擬声音。
エンチコ 藁で円く編んだ赤ん坊を入れる篭様のもの。
エンチコダンゴ 米の粉をこねてあずき汁に入れて煮ただんご。だんごの中程がくぼんで「エンチコ」に似る。
意  味
オガシナンケ へんにおかしな。
オッカネ 怖ろしい。
オデレ 来て下さい。「気をつけて行って下さい」の意もある。
オドデナ おととい。一昨日。
オボコ (1)赤ん坊。(2)うぶな人のこと。
オボル 人を背負うこと。「怪我人、オボテ連レデ行ッタ」。
オヤナァ 驚き感嘆する語。女が使う。「オヤナァドヤスベナ」。
 

カ~コ

意  味
物をわたす場合の呼びかけ声。「カ、ケラ」は「それやるよ」、「カ、モテゲ」は「それ持って行け」。
カダル くわわる。「カダテタ」はついて行った。又子供や孫と一緒に暮らすこともいう。
カチャペネ 軽率で重みがない。品位がないこと。「おちつかなくてカチャペネェ娘だ」などといった。
カツケル 託(かず)ける。話題をそらす。植物などが萎縮することにもいう。
カマリ 匂い。「カマル」は匂いがするの意。
カラコッペ そぐわないおしゃれ。
カラバグ 生意気又はおしゃれ。「はからカラバグしておしろいつけてら」。
ガンケアダマ ひどい出額(でなずき)。出額を誇張したことば。「ガンクラアダマ」ともいう。
意  味
キガキガ 金属の光りかがやくさま。
キカネ 気丈なこと。腕白なこと。「あれぁキカネわらしだ」。
キクラヘンキ ぎっくり腰。
キシネ 米又は稲のこと。
意  味
ググド さっさと。急いで「ググドヤレ」。
グレット 残らず。「財産をグレットなくした」。
意  味
勢いを付ける語。「ケなぐるぞ」のように使う。
ケェネ (1)弱いこと。「このわらしケェネくて困る」。(2)ぞうさない。「この仕事ケェネ」。
ゲグリ 周囲のこと。「家(い)のゲグリの草取りす」。
ケチャ 裏側
ケチャモチャ ごちゃごちゃにすること。「箪笥の中ケチャモチャにする」。
ケド 街道のこと。道路のこと。「ケドつける」は雪道をつけること。
ケヤグ 極めて親しい友人。「二人はこれからケヤグになろう」。
ケェリコ 返りこ。お釣銭。
意  味
コソモソド こそこそと。
コダシ 竹や木皮で編んだ腰かご。 写真
コチョガス くすぐる。
ゴッタ 「であろう」に当たる。「それだゴッタ」は「そうだろう」。
コビル こげる。「飯(めし)コビダ」「胸コビル」等という。
コマル 頭を下げること。お辞儀する。「先生さコマレ」は「先生にお辞儀しなさい」。
コンミド しみじみと。「コンミド甘い」。
 
 
            ガンケアダマの写真                                  コダシの写真
 

ラ~ロ

意  味
「るわ」の約。「ヘテラテヘテラ」は「言うてるわと言うてる」、「ヤラ」は「やるわ」、「因ってラ」は「因ってるわ」。
ラゲ 間隙。「サグリとサグリの間にラゲ無い」。「サグリ」の項参照。※板壁
ラズァネ らちが無い。見さかいの無いこと。「どれが私の靴かラズァナグナッタ」。
ラデ 価のこと。「豆十銭ラデ」は、「豆十銭代」のこと。
意  味
リグツァネ 理屈が無い。筋が通らない。
リコ 利子。
リサ 燐酸肥料。
リヘ 位牌。
リンキ 日本在来種の小さい林檎。盆の仏にあげる。糸で仏壇に吊りさげる。そしてそうめんなどもテープのように吊す。
意  味
ルスト 留守の人。
ルグ 六。
意  味
雷・来・頼などすべてレという音(おん)になる。
レングヮコ 煉瓦庫。明治初年の煉瓦の建物。
意  味
ログゴ 仏具。三段に容器をつらねたもの。
ログダシグ 碌に。「ログダシグ見ない」「ログダシグ無い奴」。「よくだしぐ」ともいう。
ロクニンジェン 六人膳。葬式の出る直前、六人分の膳を支度する。
ロナベ 炉鍋。炉つぼに角又は円の鉄の輪金を入れる。