来館者数1420028
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダー
ブックスタートブックスタートプラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

絵本の読み聞かせのポイント

~図書館・幼稚園・保育園・学校などの集団に対して~

図書館では、下記のポイントで絵本の読み聞かせ講習会を行っています。
集団への読み聞かせに、ご活用下さい。

●絵本を選ぶ
 ・読み手の好きな本、楽しい本、感動した本を選ぶと内容が伝わりやすい。
 ・子どもが好きな絵本を選ぶことも大事。
 ・ロングセラーの絵本。長い間愛されつづけている絵本。定評のある絵本は
  どの本を読もうかと迷っている時の1つの目安になる。
 ・絵本ガイドブックや書評なども参考にしたい。
 ・絵が見えないと、フラストレーションになるので、遠目のきく絵本・絵がハッキリ見える本を選ぶ。
 ・絵と文のバランスが良い絵本。
 ・行事や季節に合った絵本。
 ・子どもの年齢にあった絵本を選ぶ。年齢が異なる場合は年少の子どもに合わせる。
 ・多彩なジャンルから選ぶようにする。

●読み聞かせの準備
 ・本の内容を理解するため下読みをする。
 ・声に出して読んでみる。
 ・読む速さや、間の取り方、声の高さ、ページをめくるタイミングなどを考える。
 ・カバーのあるものは、カバーをはずしておく。
 ・汚れや破損がないか調べておく。
 ・開きぐせ・めくりぐせをつけておく。

●絵本の持ち方
 ・絵本がグラついたり、傾いたりしないように本の中心をしっかり持つ。
 ・支える指で絵が隠れないようにする。
 ・絵本が光って見えないことがあるので持つ角度に注意する。
 ・縦書き(右開き)の本は左手、横書き(左開き)の本は右手で持つのが基本であるが、
  持ちやすい持ち方で良い。(ぐらつかない安定した持ち方を優先させる。)

絵本のめくり方
 ・ページの上か下の端を持ってめくり、自分の腕や手や体、顔で絵を隠さないようにする。
 ・ページをめくる時は一呼吸置くが、お話に合わせてタイミングよく、スムーズにめくる。
 ・送るようにめくると次のページをめくる準備ができ、スムーズに読み進められる。
 ・絵はしっかりみせてからページをめくる。

●絵本の見せ方
 子ども達がイスに座って見る場合、読み手は立って、床に座って見る場合は、イスに座
     って読む。
 ・表紙、見返し、本文、裏表紙まで全部見せる。
 ・絵が小さいものなどは、さりげなく指でさしてあげる。


●絵本の読み方

 ・表紙のタイトル、作者名(文・絵など)を伝える。
 ・ゆっくり、はっきり、心をこめて読む。
 ・大声や大げさな感情移入、声色、身振りは必要ない。声の高低などで変化をつける。
 ・言葉の少ないページもゆっくり絵を見せる。      
 ・後ろまで声が届くように読む。

● プログラムを組む
 ・絵本の内容を考えたメリハリを考えたプログラムを組む。
  創作物語―昔話、科学絵本、長いー短い、ゆかいな本ー悲しい本、日本の絵本―外国の絵本など
 ・絵本の他に「エプロンシアター」「パネルシアター」「手遊び」「歌」「なぞなぞ」「指人形」などを入れても楽しい。

●読み聞かせの場所
 ・読み手の後ろになるべく物がない場所を選ぶ。
 ・後ろが明るい時などはカーテンを引く。
 ・できれば、子ども達をイスより床にすわったらせた方が落ち着く。
 ・扇型に座らせると本が見やすい。

●その他服装など
 ・子ども達が絵本に集中できるように、アクセサリーや目立つ服装をしない。

●読み聞かせの後で
 ・むやみに感想は聞かない。
 ・記録をつけておく。(日付、読み手、読んだ絵本、参加人数、感想など)

● 絵本の読み聞かせ参考図書
 (読み聞かせのポイントは、下記の図書を参考に致しました。)


  ◆絵本を読むこと(たのしいお話7) 
   松岡 享子/著(東京子ども図書館)

  ◆「絵本の読み聞かせと活用アイデア56 ~幼児が夢中になって聞く!~」
   石井光恵・荻原敏行/著(明治図書出版)

  ◆「楽しい読み聞かせ」
    小林功/著(全国学校図書館協議会)

  ◆「おはなし会ガイドブック ~小学生向きのプログラムを中心に」
    茨木啓子・平田美恵子・湯沢朱美/編・著(こぐま社)

  ◆「読み聞かせ活動ハンドブックⅠ ~読み聞かせ活動を広めるために~」
    青森県教育庁生涯学習課/編 (読み聞かせ支援センター) 

  ◆読み聞かせ活動ハンドブックⅡ ~本の魅力を語り継ぐために~」
    青森県教育庁生涯学習課/編 (読み聞かせ支援センター) 

  ◆「読み聞かせわくわくハンドブック ~家庭から学校まで~」 
    代田知子/著 (一声社)

  ◆「ねえこの本読んで!赤の巻 ~絵本を楽しむために~」
    赤木かん子/著(リブリオ出版)

  ◆「絵本でひろがる子どものえがお ~発達にそった年齢別読み聞かせ~」
 
    高山智子・徳永満理/著
(チャイルド本社)

  ◆JPIC読みきかせハンドブック
    一般財団法人出版文化産業振興財団/編著・発行