来館者数1269491
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタート・プラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 
 平成25年10月12日(土)に読書講演会(演題:新聞「『日本』で
活躍した野辺地の俳人たち」を開催しました。講師は、舘田勝弘
先生(青森県郷土作家研究会代表理事)です。
 まず、淺利能之教育長から、「本日の読書講演会は、今年度、
事業を進めている『野辺地の文学編集事業』で作成する、『野
辺地ふるさと文学散歩』(仮称)の冊子発行にあたり開催する
もので、先生には、演題と同じテーマの執筆をお願いしている。
今日のご講演が野辺地の文化発展の新しい刺激となることを
期待するものです。」との挨拶がありました。


先生は、陸羯南会の会長でもあります。以下、要旨を掲載。

新聞『日本』は、陸羯南が社長兼主筆。正岡子規が入社し俳句
欄の選者として力を注いだことにより、多くの県内の俳人が新聞
『日本』に投稿をした。明治34年から39年にかけて、野辺地の俳
人の俳句も数多く取り上げられている。


新聞『日本』で活躍した野辺地の俳人。(明治34年~39年)
〇野坂十二楼(のざか じゅうにろう)、〇山口鶯子(やまぐち おうし)、
〇山口漁壮(やまぐち ぎょそう)、〇松内大隠(まつない  たいいん)
〇中村泰山(なかむら たいざん)、〇中市絶壁(なかいち ぜっぺき)
の掲載回数は多かったが、特に、鶯子190句、漁壮134句、
泰山119句が掲載されている。


〇野辺地には「時雨会」「笹鳴会(ささなきかい)」などの俳句
結社があったが、「菅菰(すがこも)」は「笹鳴会」会報から
始まる県内で初の活版印刷の俳句雑誌である。

〇青森県俳句大会も開かれている。

〇河東碧梧桐は、正岡子規没後、俳句革新を進めるため、
全国行脚の旅に出るが、野辺地も訪れており、連続8夜俳句
会が開催されている。その模様が『三千里』の中に記載され
ている。この時の菅菰会のメンバーは、鶯子、漁壮、十二楼、
松本金鶏城、泰山など。


〇雑誌『日本及び日本人』(明治40年~45年)で活躍した
俳人たち山口鶯子39句、中村泰山209句、山口漁壮38句、
野坂十二楼23句、角鹿錦木67句、松本金鶏城33句、
中市絶壁、杉山彡山、光網、十符。

〇『鶯子句集』(大正3年9月)は、県で初めての個人句集
 
以上の説明の後、新聞『日本』、雑誌『ホトギス』、『日本及び
日本人』『菅菰』、中村泰山『青森県俳壇私録』等に掲載され
た野辺地の俳人達の俳句を、ご自身も俳人である先生に
解説していただきました。

10月12日のこの日は、奇しくも芭蕉忌でした。

参加者の皆さんからは、下記のような感想をいただきました。

〇明治時代にこんなにたくさんの俳人が活躍していたのに驚
   いた。
〇芭蕉の句碑が江戸時代に建立されているが、この時代から
   脈打つ俳句の流れが明治時代に花開いたのだろう。
〇俳句を解説していただいたのが良かった。俳句に興味を
   持った。
〇知らなかった俳人を知ることができた。
〇『三千里』や野辺地郷土資料なども見たくなった。

尚、先生からは「新聞『日本』と青森県の俳人たち」のご著書も
ご寄贈いただきましたので、ご利用下さい。
 
野辺地町の愛宕公園の「松尾芭蕉句碑」は文政12年(1829年)
に建てられました。江戸時代に始まる俳諧の伝統は明治以降も
引き継がれ、明治期には、たくさんの著名な俳人を輩出しました。
野辺地の文化のルーツを探ってみませんか!

〇日 時  10月12日(土) 午後1時30分~3時
〇場 所  図書館視聴覚室
〇講 師  舘田 勝弘 氏
〇演 題  新聞『日本』で活躍した野辺地の俳人たち
〇対 象  一般
〇定 員  60名
〇申込み   10月10日(木)まで

【講師プロフィール】
青森県立高等学校長、青森県近代文学館室長を歴任し、
現在、青森県郷土作家研究会代表理事、
日本近代文学会青森支部長、陸羯南会長
弘前市立郷土文学館 企画研究官として活躍中。


「常夜燈、烏帽子岳、月」 岡本茂美さん撮影