来館者数1272822
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタート・プラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 
野辺地のめじゃーず』絵本のご紹介
                                             (2015.6.12トップページ) 
野辺地高校家庭クラブから、現在ロビーに展示している絵本の他に、3冊寄贈をしてもらいました。貸出ができます!絵と文は下記のとおりです。実際の絵本では漢字にふりがながあります。ぜひ、ご家族みなさんでお楽しみ下さい。

     

ここは野辺地町
ケンタロウくんとマリちゃんの家では夕食の時間になりました
「今日のご飯はなーに?」
「ぼく、ミートボールがいいなぁ」
子どもたちは「、夕食を楽しみにしています。
 ① 

「今日のおかずは、焼き魚とホタテのバター焼き
それに、こかぶのサラダよ」
「おいしそうだねぇ、さすが、ママ」
「おばぁちゃんからもらったケツメイ茶もあるわよ」
お母さんは、次々と料理を並べました
 

子どもたちは、料理を見て言いました
「え~、ぼく、ホタテもこかぶも好きじゃない!」
「ジュースが飲みたいよ~」
ケンタロウくんもマリちゃんもお母さんが作った料理を食べようとしません
 
すると…
「そんなこと言わないでよう~!」と
子どもたちの目の前に。突然3人が現れました
「あなたたちはだぁれ?」
と、子どもたちが不思議そうな顔をしていると
 

「ぼくたちは、野辺地町に住む妖精、ほたてサン、ケツメイ茶ン、こかぶクン、3人合わせて“野辺地のめじゃーず”!」
と言いました
どうやら3人は野辺地町の“特産品”のようです
 

「ぼくたちのことがわかったらきっと好きになるよ 
さあ、一緒に行こう!」
3人は、子ども達を妖精の国へ連れていきました
 ⑥
「まずは、カワラケツメイ茶について説明するね」と、ケツメイ茶ン
「ケツメイ茶は、とても珍しいお茶で、県内では野辺地町でしか生産されていないんだ」
「ぼくの顔と同じ形の種を蒔くと、黄色の小さな花が咲くよ」
「収穫後に乾燥させるとお茶になるんだ」
 

「野辺地町では、カワラケツメイ茶を使った商品を作っていて、とってもおいしいんだよ
おにぎり、パン、ドーナツ、マドレーヌ、プリン…
ふたりも食べたことあるよね」
 

「次はホタテを紹介するよ」
と、ほたてサン
「野辺地町が面しているのは陸奥湾 ここではホタテの養殖が盛んなんだよ」
 

「中でも “活ぢまきほたて”は、海の中を自由に泳ぎ回っているので、身が引き締まって、甘いんだ 新鮮なホタテは、生でも焼いても揚げても おいしいよ!それに、貝焼きみそは最高さ!」
 

「最後は、葉つきこかぶだよ」と、こかぶクン
「5月から10月が旬で夜明け前に収穫されるんだ」
「手で皮がむけるほど柔らかく、フルーティーな甘みが特徴で、生でも食べられるんだよ」
 

「カルシウム・ビタミンC・カリウム・ミネラルなど たくさんの栄養素が含まれていて東京でも大人気!」
「最近、加工品も作られるようになったんだ」
 

「これでぼくたちのことをわかってもらえたかな 野辺地町で育ったぼくらは とってもおいしんだ!」
「うん、わかった!!」
 
「早く帰って、ママの作ったご飯食べなきゃ ありがとう、めじゃーず!」
ケンタロウくんとマリちゃんは、野辺地の特産品を教えてもらって、うれしそうです
そして、夕食は残さず食べました!

 
「野辺地のめじゃーず」
絵本&春夏秋冬壁面構成
                      (2015.6.7トップページ)
このたび、野辺地高校家庭クラブでは、特産品をキャラクター化した“めじゃーず”を絵本にしました。絵本で子ども達に楽しく町の特産品を知って好きになってもらい、おいしく食べてほしいという願いを込めて作成したものです。
 

同クラブは、昨年12月の「まちづくりワークショップ」で「地域資源を活用し野辺地町を“メジャーに!"」と題してプレゼンテーションをしました。その中の商品開発の一つとしてあげられていたのが、この“めじゃーず”です。このたび町から公認キャラクターとして認定されました!
 

図書館のロビーに“めじゃーず”の絵本と壁面を全面使い、野辺地の四季の中で遊ぶ“めじゃーず”の飾り付けをしてくれました。
 

さっそく、小学生の子ども達が、楽しげに絵本を開いて見ていました。
 

この絵本は、現在のところ手作りされていて、図書館にあるのは、展示している1冊だけなので、ぜひ、直に手にとってご覧下さい!
 

11月21日には、野辺地町教育委員会主催「ふれあい教育の日フェスティバル」で絵本の読み聞かせが行われます。
 

めじゃーず”キャラクター紹介(絵本裏表紙より)
 
【ほたてサン】
陸奥湾に生息する“ほたての妖精”体長150mm
ライバルがたくさんいるため、負けず嫌い
元気ハツラツ!
 
【ケツメイ茶ン】
野辺地町に住む“カワラケツメイの妖精”体長150mm
四角い顔は、カワラケツメイの種
おっとりした性格、癒し系
 
【こかぶクン】
野辺地町に住む“葉つきこかぶの妖精”体長150mm
最近、東京へ行くことが多い、オシャレな“ホワイトダンシ(美白男子)”
 


みなさん、個性あふれる“めじゃーず”にぜひ、
会いに来て下さい!!
7月31日(金)まで展示しています。

8月6日まで延長して開催しました。
展示と片づけに来てくれたみなさんです。
ありがとうございました。
絵本も好評でたくさん借りられました!