来館者数1272806
 
 

行事メニュー

行事・休館日カレンダーブックスタートブックスタート・プラスヨチヨチおはなし会出前絵本講話子ども司書養成講座おはなし工房ドキドキおはなし会「朝の読書」読み聞かせ出前おはなし会読み聞かせ訪問読書マラソンのへじふるさとカルタ大会夏休み朝のさわやかおはなし会ドキドキクリスマス会読書感想文コンクールビブリオバトル読書講演会文学散歩朗読・読み聞かせ講習会製本講習会朗読のつどい高齢者施設訪問ミニギャラリーその他各種行事・研修
 

サイト内検索

蔵書検索やカレンダーをはじめ、最新ニュースなど一部のコンテンツは下記QRコードより携帯電話からもご覧頂けます。

【注意
携帯サイトの閲覧にはパケット通信費用が別途発生致しますので、あらかじめご了承ください。通信費用は各電話会社の料金プランにより異なりますので、詳細は加入電話会社へお問い合わせください。
 

野辺地を知る・調べる・発見する本(子ども版)


 

「野辺地雑記  萠出忠男/著

  この本は、もともと大人向けに書かれた本ですが、文章がとてもわかりやすいので、小学校の高学年以上から読めます。タイトルのように、野辺地のいろんなことが雑学のようにわかって楽しく読むことができます。この本を書いた萠出さんは、役場に勤めていらっしゃいました。愛する郷土野辺地の姿をもう一度ふり返ってみたいということでこの本をお書きになりました。

【野辺地の姿が見れるキーワード】
「野辺地」のうつりかわり
アイヌ語的地名
野辺地チヤシ及び竪穴
〇一里塚  
藩境塚四ッ森 
金鶏城(野辺地城) 
〇海中寺阿弥陀如来
延命地蔵  
〇大祐様 
〇野辺地城代日戸内膳の墓 
〇宝船神力丸  
海商銭屋五兵衛と高田屋嘉兵衛  
儒者野村逸民 
〇野辺地のお祭りー祗園ばやし
〇松尾芭蕉の句碑 
昔の火事   
台場 
野辺地戦争  
行在所 
〇愛宕公園   
花鳥号と常光寺の石碑  
まち名のうつりかわり  
石川啄木   
盆踊り 
野村家頌徳碑 
野辺地川   
学舎の歌 
伝説
  ・西光寺のしだれ桜
  ・イタコ沼、 
  ・枇杷野の夜泣き石
  ・狼悲話
  ・左近のカブト
  ・鶴発見の湯)

  

「続 野辺地雑記  萠出忠男/著
 
 この本は、著者の萠出さんによる“忘れ去られようとしている「故郷のアレコレ」を文章にして子孫に残したい”ということから、「野辺地雑記」にのせられなかった野辺地のことや野辺地に関係の深い近くの町村のことも本に書かれたそうです。「昔のワラベ唄」の中には、みなさんも知っている手遊びいちべいさん」やお手玉歌などが書かれていて楽しめます。

【野辺地がさらに見えてくる
              キーワード】

〇地名について 
十符の「すがこも」 
錦木塚のこと 
〇有戸牧と有戸石 
野辺地の海運アレコレ 
寸法木綿のころの野辺地 
禅海堂 
〇旧お上り海道と七戸 
〇庚申塔と二十三夜塔 
〇蒼前様前の青面金剛碑 
最上徳内と島谷家 
〇昔のワラベ唄 
〇野辺地の通り名と屋号 
祗園祭りと野辺地町 
〇本町の敷石 
〇相馬大作 
明治天皇御駐輦の記録
〇愛宕公園造成のための趣意書  〇ソーラン節の元唄は野辺地の木遣音頭 
石川啄木と野辺地町
〇牧場街道と競馬場 
〇鯨のはなし 
内航路 
〇野辺地中学校(旧中)開校までの経過 
南部・津軽の境界 

〇鉄道防雪林 
南部縦貫鉄道とレールバス 
〇馬門の呼び名といわれ 
〇なぜ夏祭り? 
風土記「海を耕せ」 
〇伝説「神々のほうこう」 「坪の石文と坪のツボ子」 
〇笑い話「主婦の友」「熊との出合い」
  

「野辺地つれづれノート」 
             萠出忠男 著
 
 この本は、「野辺地雑記」「続 野辺地雑記」に続く野辺地シリーズの完結編です。野辺地のことなのに、初めて見たり聞いたりすることも多いと思います。ちょっとむずかしい部分もありますが、野辺地の歴史に興味がある人は、ぜひ読んでみて下さい。きっと野辺地通になりますよ!



【野辺地の歴史が深くわかる
              キーワード】

江口隆哉・江口乙矢 
〇南部駒と野辺地 
〇尾去沢の銅と野辺地 
〇嘉永時代の野辺地 
〇野辺地の御同心 
〇尾山頭は野辺地領だった 
〇下北の川内と野辺地 
昔の海難事故と神力丸の遭難
江戸生活時刻と現在の時間
野辺地の三画人
  ・吉田小南
 ・安田領雲
 ・西村錦村 
〇田っ畑とは 
ヤダイ制度と新田 
〇むかしの教育 
〇昔の少年野球  
〇烏帽子神社 
〇藩内分限番付
〇昔のまり唄 
野辺地小唄 
〇弁慶の足型のある石
  

 

 


  『歴史の息吹』  ふるさと野辺地読本

  「歴史の息吹」編集委員会/編  野辺地町教育委員会/発行

  「野辺地町史1・2巻」など野辺地のことがよくわかる本はたくさんあ
ります。でも、子どもには、むずかしすぎました。この本は、初めて子ど
ものために書かれた歴史の本です。 野辺地の自然がどのようにでき
たのから始まり、縄文時代(すでに野辺地に人が住んでいた!)から
町制100周年記念(平成9年)までの歴史がくわしく、わかりやすく書い
てあります。また、「一息コーナー」や「突っ込こみコーナー」などでは、
知ってるとちょっと自慢できる野辺地に関するエピソードが楽しめます。
もし、野辺地のことを調べたいなら、この本をまず、手にとってみて下
さいね。本の内容やキーワードをお知らせしますので、調べる時に参
考にしてね。この本は、歴史のほかにも下記のようなことが書いてあり
ます。


【野辺地町を知るキーワード】
〇野辺地の自然
〇学校のうつりかわり
 (寺子屋から現在のみなさんの小学校と中学校について) 
〇野辺地に伝わる食物
 (よせ豆腐、けいらん、茶がゆ、さらっこ、にあっこ、そうめん)
〇郷土を開いた人々
  ・野坂久五郎(久五郎つつみ)
 ・上野十郎兵衛(十郎兵衛坂の揚水場と田ッ畑) 
〇野辺地を生んだ文化人・スポーツ人
  野辺地名誉町民 ( 野村治三郎  ・松本彦次郎 ・鈴木逸太
   ・野村七録  ・江口隆哉     ・江口乙矢)
  文化人(  ・中市謙三 ・小坂圭二 ・西村錦村 ・安田領雲 ・吉田小南)
  スポーツ人( ・長浜一年  ・四戸龍英 )
野辺地の伝説
   (オオカミ悲話、帰らなかった母、イタコ沼)
〇町内に伝わる文化財
  ・
藩境  ・一里塚  ・海中寺の仏像 ・八幡宮本殿 ・松尾芭蕉句碑
  ・石川啄木歌碑    ・ 野辺地戦争墓所 ・常夜灯  ・花鳥号  ・防雪林
  ・行在所  ・西光寺のシダレザクラ  ・ 愛宕公園のエドヒガシ 
  ・客船張   ・常夜燈  ・花鳥号 ・鉄道防雪林 ・石造物等
〇その他
  
(豪商ー野村家、野辺地弁、最上徳内、金鶏城など) 

 
   
   「わたしたちの野辺地町」 
 
小学校社会科副読本3・4年生用

 この副読本は、野辺地小学校、若葉小学校、馬門小学校の先生たちなど編集委員の皆さんが取材や写真撮影を行い、2年の歳月を費やし完成させました。ページ数は139ページ、地図1枚、オールカラーです。
【内 容】
〇学校のまわりや町の様子を地図で知る。
〇スーパーマーケットで働く人や農家、工場の仕事を知り、自分たちの暮らしとのかかわりを考える。
〇古い道具と昔の暮らしを知り、残したいもの伝えていきたいものを考える。
〇くらしを守る(警察や消防の仕事)
〇住みよいくらしをつくる(ごみの処理と利用等)、
〇郷土に伝わる願い(野辺地の名産品「ホタテ」)
〇青森県について知る(地形、交通、人口の変化など)
【資料編】
〇町章や地名の由来。
〇面積、自然、人口などの統計
〇名誉町民
〇野辺地町年表
〇町の花・鳥・木など。
 また、野辺地の歴史に挑戦するクイズなどもあり、
 楽しみながら学習できますよ!
編 集:野辺地町小学校社会科副読本編集委員会
発 行:野辺地町教育委員会
発行日:2012年1月
表紙は、野辺地の町並みに「のへじふるさとカルタ」
を配したものです。
 

  


あるく みる なっとく 野辺地の自然と文化

 この冊子の特長は、四季を彩る豊かな野辺地の自然(生き物、樹木など)が、美しいカラー写真とともに紹介されていて、野辺地の自然関係資料が不足している中、貴重な資料となっています。
  また、巻末には、「野辺地まちなかマップ」
が掲載されていて、「北前船が運んだ石造物めぐり」「み堂をめぐり」「鎮守をめぐり」などをすることもできます。
  野辺地の自然や文化、歴史、民俗、考古などがわかりやすく記述されてあり、野辺地を知る入門書・読み物としても楽しむことができます。
文字が大きく、ふりがなが多いので、小学校高学年からおすすめです。

編 集:野辺地町文化財保護審議会
     野辺地町立歴史民俗資料館
発  行:野辺地町教育委員会
発行日:2012年3月27日
表紙図版:蝦夷錦、板状立脚土偶
 
 
 「野辺地町郷土料理のしおり」 
    野辺地町文化振興協議会/編・発行

 「野辺地の郷土食は、上方の影響を受けており、歴史ともとても関係が深く、有形文化財として後世に伝えてなければならないものである。」と言った意図からこのしおりは作成されました。「カワラケツメイ」の説明など参考資料も載っています。

【主な郷土料理の材料と作り方】
茶粥                          〇ニアエッコ     
セリヤキ                    〇ニシメ 
ケンチンジ汁             〇寄せ豆腐 
〇ハチハイ豆腐            〇精進うなぎ 
けいらん                   〇菊のサラッコ  
レンコンのくるみつぶし 
みそ貝焼 
〇ご祭りまんじゅう    
スダレモチ 
イガマンジュウ
 
 

 

 「野辺地方言集」 改訂版 
                                             中市  謙三/著 
               野辺地町方言を語る会/編(改訂版)

 「野辺地方言集」は野辺地出身の民俗学者、中市謙三が昭和11年に発行したものです。この方言集を図書館サークルの「方言を語る会」のみなさんが10年の歳月をかけて、方言を50音順にアからンまで1語づつ検討して改訂版を作成しました。高齢の方が多く、最も多い時で21人いたメンバーのうち、最後には4人のみなさんで完成しました。みなさんは、どれくらいの野辺地弁を知っているでしょう?



【主な野辺地弁


アガサマへ(召し上がって下さい)
〇イットゴマ(ちょっとの間) 
〇オガシナンケ(へんにおかしな) 
オドログ(目をさますこと) 
カダル(くわわる) 
キクラヘンキ(ギックリ腰) 
〇キモヤグ(怒る) 
ゲダカ(毛虫) 
〇ケパル(頑張ること) 
コチョガス(くすぐる) 
〇サベチョ(おしゃべり) 
〇シカヘル(知らせる) 
〇シナビケル(しぼむ、しおれる)
〇シバレル(寒さのきびしいこと) 

この他にもいっぱい!みんなであてっこクイズをしてみましょう。